ユニットバスの浴槽の割れや亀裂の対処方法

2013/05/10お風呂リフォーム

浴槽の割れや亀裂でお困りのオーナー様も多いはずです。今回は浴槽の亀裂や割れで交換を考えておられる方へのアドバイスです。

ユニットバスの浴槽が傷んだら交換か補修か

ユニットのタイプやバスタブでリフォームや交換を考えるケースを考えて見ます。

ユニットバスの浴槽でリフォームを考える理由

  • 浴槽が経年劣化でくすんでいる、または水垢が落ちない。
  • 浴槽に亀裂や穴が空いている。
  • 入居率をアップする為にカラーリングを変えてみたい。

以上が考えられる理由だと思います。

ここでおさらいですがユニットバスには浴槽が置き式の物(以下、置き式)と床(パン)と一緒になった一体型(以下、一体型)とがあります。

上記のユニットバスの浴槽でリフォームを考えている場合、置き式と一体型で考え方も変わってきます。

賃貸オーナー様や管理会社様の場合には費用面が1番のポイントになってきます。費用面も含めて考えてみましょう。

ユニットバスの浴槽リフォームの価格相場

ユニットバスの浴槽のリフォームと言っても経年劣化なのか、バスタブに亀裂やひび割れが有るのかでちがってきます。また、ユニットバスのタイプでも根本的にリフォーム方法の価格に影響します。

浴槽が経年劣化でくすんでいる、または水垢が落ちない場合

浴槽のくすみや水垢は使用して10年以上のユニットバスの多く見られる現象です。

浴槽のくすみ
浴槽置き式のユニットバス

浴槽の表面にはゲルコートと言うトップコートが施されています。

これが経年劣化してトップコート層が薄くなったり剥がれたりして艶が無くなってきます。

勿論、その下層にはには樹脂やガラス繊維の素材がありますので漏水等は起こりません。

見た目が悪いので交換する場合と浴室専門コーティング業者に依頼する方法の2種類です。

この状態で通常の美装業者(洗い屋さん)に頼んでも、専門の薬液で美装するだけですので艶は戻らず、最悪は費用は発生するがカサカサになるだけが多いようです。

ユニットバスの浴槽が置き式の場合の対処方法

  • 交換する方法(メーカーに依りますが取り付け費込みで5〜10万円)
  • 浴槽コーティングする場合(業者に依りますが6〜9万円)

 

ユニットバスの浴槽が一体式の場合の対処方法

  • 浴槽コーティングする場合(業者に依りますが10〜13万円)
  • ユニットバスごと交換する(メーカーに依りますが28〜45万円。施工費込み。1216サイズ)

ここで浴槽コーティングの価格に差が出るのかを説明します。

先ほど説明したように一体式の場合は床と浴槽と腰壁下が一体になっている為に浴槽だけコーティングが出来ないと言う点です。

構造上の問題なのですがコーティングは塗装なので縁の切れる場所で塗装を終わらなければ剥がれる恐れがある事です。

浴槽一体式のユニットバス
浴槽一体式のユニットバス

従って、床、浴槽、腰壁下までが見切りの範囲となる訳です。

ユニットバスの浴槽に亀裂や穴が空いている場合

この場合は亀裂が起こりえるのは2種類あります。

1つは経年劣化で浴槽底部に蜘蛛の巣状のヘアークラック(細い亀裂)が入っている場合ともう1つは側壁に体重がかかり亀裂が入る場合があります。

次に穴(欠損)が空く場合ですが、浴槽の上の部分に小さな穴が見られる場合。

この例は当社でも良く見ますが、ユニットバスの製造工程で樹脂の流し込み過程で気泡が入り、後に穴が空く場合が多いです。

オーナ様や管理会社様もこの欠損を入居者様が何か物を落として出来たと思いがちですが、補修に当たって廻りを削ってみると、気泡が有り、欠損が大きくなります。(物を落として穴が空くのならこのような事は起こりません。)

ユニットバスの浴槽に亀裂や穴が空いている場合の置き式の対処法

  • 浴槽を交換する方法(メーカーに依りますが取り付け費込みで5〜10万円)
  • 浴槽を交換せずに補修で強度に関係のない穴(気泡に依る)の場合(業者に依りますがアルミパテ補修と浴槽コーティングで7〜10万円)
  • 浴槽を交換せずに強度を要する(浴槽底部や側壁)補修の場合(業者に依りますがライニング補修と浴槽コーティングで12〜14万円)

ライニング補修についてはこちらの記事を参考にしてください。


ユニットバスの浴槽に亀裂や穴が空いている場合の一体式の対処法
  • 浴槽を交換せずに補修で強度に関係のない穴(気泡に依る)の場合(業者に依りますがアルミパテ補修と浴室コーティングで10〜14万円)
  • 浴槽を交換せずに強度を要する(浴槽底部や側壁)補修の場合(業者に依りますがライニング補修と浴室コーティングで15〜18万円)
  • ユニットバスごと交換する(メーカーに依りますが28〜45万円。施工費込み。1216サイズ)

入居率をアップする為にカラーリングを変えてみたい場合

ユニットバスの浴槽が置き式の場合の対処方法

  • 交換する方法(メーカーに依りますが取り付け費込みで5〜10万円)ただしカラーリングは沢山はありません。
  • 浴槽コーティングする場合(業者に依りますが6〜9万円)

 

ユニットバスの浴槽が一体式の場合の対処方法

  • 浴室コーティングする場合(業者に依りますが浴槽、床、腰壁下で10〜13万円)
  • 腰壁上とカラーリングを変える場合(業者に依りますが1室フルコーティング2色使い。15〜20万円)

 

 リプロのずばり一言(浴槽リフォームのまとめ)

ユニットバスの浴槽リフォームの場合は置き式の場合は浴槽がすんなり収まれば浴槽を交換するのがコストパフォーマンスの上でも一番お得です。

一体式の場合には床や腰壁下もリフレッシュする浴室コーティングがお得です。浴槽が劣化している場合でもユニットバスの交換費用の半分のパフォーマンスの浴室コーティングがお得になります。

ただし、交換に勝るリフォーム方法は無いと思いますがオーナー様からすれば総費用が問題なので、使用出来るユニットバスはコーティングで十分だと思います。

お風呂リフォーム

Posted by repro