賃貸マンションの浴室タイル壁をアイカ工業のセラールを使ったリフォーム成功例

ユニットバスの風呂リフォーム(コーティング)

賃貸マンションの入居率アップには浴室のチェックは欠かせません。とは言っても高額なユニットバスへの交換は最後の手段です。お風呂の専門業者の目から浴室リフォームをアイカ工業のバスルーム用セラールを使用して入居率がアップした成功例を紹介します。

アイカ工業浴室用壁パネルのセラールを使ったリフォーム例

お風呂は劣化したままでは客が付くはずもなく、かと言って老朽化して汚いままでは入居者が嫌がります。とは言っても入れ替えれば50万円以上の出費になります。入れ替えても次の日から劣化は始まります。ですのでユニットバスの交換ではなく、廉価で見栄えの良いリフォーム方法を見つけたいものです。

古いユニットバスでも在来工法の古いお風呂でも、浴室専門業者に依頼すればユニットバスを交換せずにに、浴室再生塗装やパネル、シートを使用して見違えるように綺麗になり、入れ替えの1/3〜1/2のコストで済ませます。

なじみの薄い浴室専門業者ですが、探し方はユニットバスの交換を専門にしているリフォーム業者ではなく、大抵は浴室再生塗装を専業にしている業者なら大丈夫です。ヒントです。

本題に入ります。最初にアイカ工業のバスルーム用セラールを使った浴室リフォームの完成写真です。

アイカ工業の浴室セラールを使ったお風呂リフォームの完成写真

アイカ工業の浴室セラールを使ったタイルの壁のユニットバスのリフォーム

賃貸オーナーにとっては逆風の世の中ですが老朽化した浴室をユニットバスへの交換をせずにリフォームをした例です。

築年数30年の古い3DKの間取りを新婚世帯向きに和室をオシャレにリノベーションし、タイルが劣化した壁と老朽化したFRP製の浴槽と床をリフォームしました。

和室をおしゃれにリノベーションした部屋 ユニットバスを交換しなくても浴室のリフォーム方法はあります。下記がその方法です。

  • 劣化したタイル壁は浴室用セラールでパネル施工
  • 汚れが落ちないFRPのバスタブと床と天井はコーティング施工

現況の写真です。タイルの壁の目地が非常に汚れています。バスタブや床も相当頑固に汚れていました。洗浄ではもうキレイにならないレベルです。

INAX製の壁タイルのユニットバスです。ここまで劣化していればユニットバスへの交換を考えるでしょう。が、世の賃貸オーナーが考えなくてはならない現状復帰はお風呂だけではありません。部屋全部です。

しかし、心配は要りません。パネル工法を使えば問題なく新品と見間違う程に綺麗になります。また、ユニットバスへの交換の費用より何割かは他のお部屋のリフォームにまわせます。

築年数が30年のINAX製のタイル壁のユニットバス

経年劣化で壁のタイルも目地もひどいよごれです

老朽化した賃貸マンションのINAX製のユニットバスの壁とFRPの浴槽

最初に傷んだユニットバスのタイルの壁のリフォームの材料から説明します。浴室専門業者がよく使うパネル材です。材料の紹介の後に天井や浴槽のコーティングのリフォーム例の写真を掲載しています。

タイル壁のパネル工法の使用材料

専門業者は色々な壁や床の商材を知っています。特に壁パネルやシート材は豊富です。主だった材料から紹介します。今回の実例はアイカ工業のバスルーム用セラールです。

  1. アイカ工業製のバスルーム用セラール
  2. 北村化学産業製のパロアコンフォートパネル
  3. 北村化学産業製のエルクリーンパネル
  4. タキロンシーアイ製アルフォレストパネル

1 アイカ工業製のバスルーム用セラール

3mm厚のパネルで不燃コア層をメラミン樹脂で表面処理をし高圧プレス形成したパネルです。 特徴は何と言ってもメラミン化粧板の持つ美しさです。光沢感、耐水性、耐摩耗性にすぐれています。ただ、浴室の壁パネル材では高額の部類です。

2 北村化学産業製のパロアコンフォートパネル

3mm厚の塩ビパネルにパロア塩ビシートを貼った物です。パロア塩ビシートの種類の豊富さをひきついでいるので柄選びやカラーリングに困ることは有りません。施工もしやすく、浴室のあらゆる下地との相性も抜群です。

タイル張りの在来のお風呂壁がタイルのお風呂のリフォーム方法 参考 パロアコンフォートパネル北村化学産業 参考 パロアを使った大きな戸建の風呂リフォームリプロの社長奮闘記

3 北村化学産業製のエルクリーンパネル

1.3mm厚の塩ビ装飾パネルです。種類は5種類と少ないですが施工のしやすさはパロアコンフォートパネルと同等です。

特徴はその厚みの薄さから浴室の壁と浴槽の隙間に入る事ができます。3mm厚ですと入らない場合も多々あります。この厚みは重宝します。木目調ウォールナットとパールホワイトは使えます。施工も非常にやりやすいです。

浴室の壁材のエルクリーンパネル

4 タキロンシーアイ製アルフォレストパネル

3.3mm厚の樹脂発泡板にポリエステル系ハイグロス化粧シートとpvc化粧シートをラミネートした素材です。特徴はパロアやエルクリーンにない光沢感です。軽量で施工もしやすい材料です。 浴室の壁材のアルフォレスト

これらの材料を使って壁がタイルのユニットバスや在来工法の壁のお風呂を施工します。そして残りの部分、床や天井、浴槽をコーティングで仕上げます。浴室コーティングを使用しないと全体のリフォームは終わりません。次に天井や床、浴槽のコーティングを紹介します。

コーティングで完成したINAXの古いユニットバスの天井

コーティングによるユニットバスの天井

コーティングで完成したInaxの老朽化したユニットバスのリフォーム

浴槽を交換せずに2液性のアクリルウレタン樹脂でコーティング施工をしたバスタブ

老朽化したユニットバスも交換せずにリフォームができる

一般的にユニットバスのお風呂は部分リフォームするという認識はあまりありません。交換することが唯一のリフォーム方法と思っておられる方も多いのが事実です。

浴槽は交換が可能なタイプも古いユニットバスでは多くあります。新しいユニットバスでは浴槽の上に壁が乗っているタイプもあり、これは浴槽交換がほぼ不可能です。(浴槽周りの壁だけ撤去して、その後に交換できますが、結構高くつきます。)

ユニットバスを部分的にリフォーム可能にするのが浴室専門業者の良いところです。ビジネスホテルや高級なホテルでも全体や部分的にパネル工法や浴室再生塗装(コーティング)で施工するのは今や常識になっています。

認知度のまだまだ低い壁パネル工法もこの浴室再生塗装(コーティング)と一緒に浴室内をリフォームするとユニットバスに交換をしたのかと見間違うほどの完成度があり、賃貸マンションや戸建てのユニットバスのリフォームではローコストでリフォームが可能です。壁だけをパネル工法でリフォームして汚いタイルが隠れたおかげで入居が決まるのは良くあります。一考の価値は十分あると思います。

ユニットバスがパネルと浴室再生塗装(コーティング)によって生まれ変わり、入居率がアップした例は数々あります。 この機会にユニットバスの交換をお考えの方は掲載した材料メーカーの施工例を見ていただければ、その良さが改めて認識できるはずです。部分的にリフォームも可能なことをこれを機会に認識してください。お風呂のリフォームの考え方がきっと変わります。入居率もアップします。

お風呂リフォームについては別サイトからもご覧になれます。雑記ブログですが、浴室再生塗装のことやお風呂リフォームについても書いています。どうか参考にしていただければ嬉しいです。

参考 お風呂リフォーム風呂リフォームのリプロ社長奮闘記

セラール以外の壁パネル材についてはこちらを参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です