3点ユニットバスもリフォーム方法を考えればおしゃれに新品同様になる

3点ユニットバスのリフォーム後の写真

古いワンルームマンションのお風呂が3点ユニットバスで劣化してくると困りものです。今回は少しでも出費を抑えておしゃれに見栄えの良いリフォーム方法の浴室再生塗装(コーティング)を紹介します。

敬遠されがちな3点ユニットバスも劣化や汚れでリフォームする時期が逆にチャンスにすることです。

3点ユニットバスをおしゃれに見せる方法は

ずばり言いますと便器よりも他の部分に内見者の目をそらせることです。人の目線を浴室の欠点になりそうな部分から、別のあえて見せたい部分に目線を移動させることです。

では、いつの時期に考えればよいのでしょうか?

答えは一つです。ユニットバスが傷んだり経年劣化が目立つ時期に良く考えてください。この時期なら補修をおしゃれにできるチャンスです。どういう事かと具体的に解説します。

浴室リフォームをする時がチャンス

浴室で傷みや劣化が起こりやすい場所は決まっています。

  1. バスタブ
  2. 塩ビ鋼板の壁
  3. ユニットバスの床

2が最も多いケースです。補修もかねてリフォームをしやすい部分です。

ユニットバスの製品でも1面がアクセント壁になっており、材質やカラーリングが他の3面と違っています。

ですので老朽化したり壁が傷んだりしている時が、修理もかねておしゃれにできるチャンスな訳なのです。

せっかく費用をかけるのですから、現状回復ではなく、機能面も見た目も変化させたいですよね!

3点ユニットバスの壁は簡単におしゃれにできる

ワンルームマンションの実例から説明します。

3点ユニットバスを浴室塗装でカラーコーティングした写真

鏡やカラーリングでデザインすればお風呂も生まれ変わります。

このお風呂の場合は壁や浴槽の状態が良かったので奥の壁のみの浴室再生塗装(コーティング)です。

壁のカラーリングと大きな横長の鏡をアクセントにして、3点の便器を目線からはずしました。便器のふたも塗っています。(入居者が見に来た時の印象が変わります。)

壁1面だけでもちろん10万円もかかりません。ワイドな浴室鏡が15,000円~20,000円ほどします。すべて込の参考価格です。

浴室塗装で壁をアクセントにした施工写真をもう一例紹介します。

3点式のユニットバスをコーティングでカラーリング

これもユニットバスの奥の壁だけのコーティングです。

このお風呂も壁や浴槽の状態が良かったので奥の壁のみをコーティングしアクセント壁にし、同じくワイドミラーを取り付けています。

それまで入居が無かったお部屋もこの後すぐに女性が入居しました。

このマンションは周りの家賃の価格競争に巻き込まれ、これ以上は下げれない状況でしたが、積極的に投資したかいもあり3部屋ともすぐに入居が決まりました。

一例ですが参考になればうれしく思います。

ダイノックシートや浴室専用パネルはもっとおしゃれになる

浴室再生塗装以外に浴室パネルをアクセントに貼るという方法もありますのでご紹介します。

どうしても塗装となると単調になります。またべた塗りはしかたの無いところでもあります。色目も私個人は嫌いです。特に日本塗装工業会(日塗工)の色見本の品番で塗料工場も作るので色目が濁っており、使える色は限られている気がします。

その点はシートやパネルは違いますので紹介します。

もっとおしゃれになるというのはシート関連は柄や色の選択肢は多すぎるくらい存在します。パネルもリンテックサインシステムのパロアという塩ビシートを貼るのでシートの数だけ選べます。

パロアのことをもっと知りたい方は参考にしてください。

参考 パロアを使って戸建ての大きなお風呂のリフォームお風呂リフォーム日記

パロアやダイノックシート、ベルビアン等塩ビシートをユニットバスの壁に直接貼る方法とコンフォートパネルにシートを貼って、それを壁に貼る方法とがあります。

コンフォートパネルとは

3mm塩ビパネルに装飾塩ビシートパロアを貼りつけた製品です。加工もしやすく様々な浴室等下地に対応でき、タイルやモルタルでも大丈夫です。工期の短縮にもなります。今ある空間をそのまま使用できるので重宝します。

下地に傷み具合が少ないようでしたら直貼りも可能です。

それと柄や色の選択肢は減りますが、他社メーカーによるメラミン化粧版やアクリル板もあります。

メラミン化粧板で有名なのはアイカ工業の浴室セラールです。

参考 老朽化したタイル壁のユニットバスのリフォーム方法(アイカ工業浴室セラール)お風呂リフォーム日記

上記の中では一番コストはかかりますが、耐久性と硬さではトップです。

また、当社で良く使うのが北村化学のエルクリーンです。コンフォートパネルは3mm以上の厚みがありますがエルクリーンはわずか1mmです。

この2mmの差が浴室専門業者にとっては大きな差なのです。MEMO欄に理由を書いておきます。

MEMO

ユニットバスでは壁と浴槽の取り合いの隙間が3mm位の場合が多く。パネルが床まで落とせないことがあります。1mm厚ですとこの問題もクリアーできます。

床までパネルが来ていると浴槽交換も可能になりメンテナンスがやりやすくなります。

参考 エルクリーン北村化学産業

壁がタイルの場合に重宝するパネルですが、木目調や石目調にできるのでデザインを変えたいときに使うのも大いにありです。下地が劣化していてもダイノックシートと違ってパネルですので心配いりません。

老朽化した3点ユニットバスをお持ちの賃貸マンションオーナー様へ

賃貸オーナー様や管理会社様でマンションのお風呂がリフォームしにくい3点ユニットバスをお持ちの方が多くおられると思います。

劣化具合や傷みかたにもよりますが、1DKやワンルームタイプが多い為に家賃設定も低くユニットバスの交換は考えにくいのが現状です。

昔は機能的でコンパクトで便利だったのでしょうが、今は入居者に敬遠されがちなお風呂です。

単身者の方は最近はシャワーのみで湯船に入らない方も増えています。お風呂の調査を良くする立場からバスタブに経年劣化や使用感があまりないので良くわかります。

ライフスタイルの変化からシャワーだけの使用で困らない世代も増えてきていますが、入浴を好む年齢層も賃借人にはおられます。

また、上記の層はトイレと一緒ということも嫌う傾向があります。

トイレを移設できるスペースがあればよいのですが、無い場合が多いのでオーナー様は頭の痛いところです。

3点ユニットバスユニットバスとは、そのメリット・デメリットとよくある間違いについて

築20年も過ぎますと浴室自体も劣化し汚れていますし、壁の塩ビ鋼板の錆が出ている場合はさらに悩みますよね!

入れ替えるべきかどうか、迷いますが、よく考えてみるとトイレのスペースが無いワンルームマンションの場合は再び3点はあり得ませんがノーチョイスです。

劣化や錆なら浴室コーティングで新品同様になるでしょう。それが最良の選択でしょうか?

いいえ!敬遠されがちな3点ユニットバスも見た目もおしゃれにリフォームすることによって入居率もアップします。

浴室再生塗装だけでなく1面だけアクセント壁にパネルを使ってプチリフォームをすれば雰囲気は激変しますので皆さんもお試しになられたらいかがでしょうか!

4 COMMENTS

淺尾 良二

広島で賃貸マンションを所有しています。
2DK内のバスの汚れが落ちません。
ホームセンターの塗料で塗り替えを考えていました。
御社のホームページを見て、コーティングに興味を持ちました。
金額等の資料があれば送ってください。

返信する
admin

浅尾さん、コメありがとうございます。ホームセンター等の塗料を使わないで良かったと思います。
我々、コーティング屋の塗料は各社まちまちですが、FRP専用塗料で一般には売っていません。
また、機材も高くつくのでDIYの範疇を超えています。が、浅尾さんのような賃貸オーナー様となると
話は違ってきます。当社も広島へは出張施工に2度行っています。問題は交通費と作業員の出張費(宿泊費用)
になります。具体なことはメールアドレスへ改めて明日にお送りします。
お願いとしては私のメールアドレスに現状の写真をお送りいただければ助かります。
当社のコーティングはフルコーティング(浴槽、壁、天井、床)で定価156,000円です。
オーナー様用の価格はメールでお送りします。広島で同業のコーティング業者がおられれば良いのですが、
居ないようです。取り急ぎ連絡させていただきました。

返信する
kamo

3点ユニットの部屋のオーナーは考えるべきですよね。いつまでたっても入居してもらえないですよ。ビジネスホテルと違って毎日使うものだから

大きなミラー
水圧のあるシャワー
強力な浴室乾燥
3点でも圧迫感のない広めにできてるといいな
あと排水溝の掃除がしやすいような排水口が。ゴミキャッチャーしてくれる器を外しやすく
不潔感を想定させる要素が排除されたら敬遠されにくいのでは?
単身用賃貸はどこか+な点があると必ず相殺されるようなー(マイナス)点があるからこ3点ユニットバスだけでも克服を!

返信する
admin

kamoさん、コメントありがとうございました。ご意見の通り、3点式は敬遠されがちなので何かしら欠点を補うプラスのリフォームで相殺したいですね!
ところが、大阪市内でもワンルームマンションは家賃もファミリーに比べてかなり安いので、現状復帰の費用がお風呂まで回らないのが現状です。
また、よろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です