知っておきたい浴室の汚れの種類と掃除方法

浴室のシャワーヘッドの掃除のしゃしん

ユニットバスで色の濃い浴槽や床は最初は綺麗で豪華に見えて良いのですが、何年もすると白く汚れてきて嫌な思いをされている方も多いと思います。

その白くなっている部分の正体は? 皆さんがお困りのその汚れを落とす方法は?

浴室の頑固な汚れを掃除するには、まず、その汚れの種類を理解すれば簡単です。汚れの種類別に汚れの落とし方を伝授します。

浴室の汚れの種類

水回りの中でも、浴室は特に汚れが溜まりやすい場所の一つ。水あか、湯あかに皮脂などの脂汚れだけでなく、床や排水口に残った石鹸カスなどと多種多様です。

汚れの種類とその成分を知って、簡単にお掃除ができるようになりましょう。

浴室関連の代表的な汚れを列記しました。

  1. 石鹸カス
  2. 皮脂汚れ
  3. 水あか
  4. 湯あか

汚れにも2種類の成分があります。大きく分けて酸性とアルカリ性に分かれます。

化学の実験ではありませんが、汚れの成分を理解して中和させて頑固な汚れを落とすのです。

酸性の汚れって

代表的なお風呂の酸性の汚れとは

  • 湯あか
  • 皮脂汚れ

湯あかについて

浴槽内に溜め湯をすると水を抜いた後に良くみられる線状の汚れです。

水道水のマグネシウムと石鹸の成分が化合したもので、最初はヌメヌメした汚れですが、時間が経つと茶色く固まってきます。

しかし、水あかほどはカチカチにはなりません。比較的落としやすい汚れとも言えます。

皮脂汚れ

主に浴室の床に多い汚れです。石鹸やシャンプーで体や頭を洗うことで、皮脂や垢などの汚れが付着します。

そこに石鹸カスやシャンプーの成分などが付着して固まり蓄積されることで頑固な床の汚れになってしまいます。(石鹸カスの項を参照)

酸性の汚れの掃除方法

上記の湯あか、皮脂汚れにはアルカリ性の洗剤が効果的です。市販の中性洗剤(界面活性剤)より数段上です。

これはアルカリ性と酸性の物質が反応して、互いの性質を打ち消し合う中和という作用が起こるからです。

タンパク質汚れにはアルカリ性の洗浄剤と覚えてください。

アルカリ洗剤の注意点

アルカリ性の強さにもよりますが、人間の体もタンパク質ですので体に付かないように注意してください。アルカリ洗浄剤は危険という理由の1つです。

汚れが酸性かアルカリ性かが解れば簡単に落とせるということです。

アルカリ性の汚れって

次に代表的なお風呂のアルカリ性の汚れとは

  • 石鹸カス
  • 水あか

石鹸カス

浴室内で特に床や壁の低い部分に多い白濁した汚れです。

元来石鹸カスはアルカリ性の汚れなのですが、皮脂と混ざると酸性の汚れと変化します。この見極めが掃除のときに困惑します。

石鹸カスの2パターンの変化の解説です。

金属石鹸

石鹸の主成分の脂肪酸イオンが水道水中に含まれているカルシウムやマグネシウムと結合してできた頑固な白い汚れのことです。アルカリ性の汚れです。

MEMO

硬水とは、水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムを「炭酸カルシウムの量」などに換算したものです。

硬度の基準は国によってさまざまですが、日本ではカルシウムとマグネシウムの量をはかるアメリカ硬度を採用しています。

概ね炭酸カルシウム100mg/L以上で硬水、以下で軟水を区別しています。

MEMO

日本の水道水は世界でも有数の金属イオンの少ない軟水です。

平成22年度水道統計によると50mg/L(ppm)以下の地点が60%を越えており、94.5%の地域の水道水が100mg/L以下です。

酸性石鹸

金属石鹸に皮脂汚れが結合してできた汚れで酸性汚れになります。

両者とも石鹸と呼ばれますが汚れはもちろん落ちませんので!

水あか

水あか(水垢)は水道水に含まれるカルシウムが原因です。よく見られるのは色の濃い浴槽で白いうろこ状のもので、カチカチに固まっています。

水あかと呼ばれますが主成分は石灰(炭酸カルシウム)なので不衛生なものではありません。

アルカリ性の汚れの掃除方法

先ほどの定理から言えば酸性洗剤が当てはまります。が、酸性洗剤は強力なものは危険度が増すのであまり売られていません。

  • サンポール
  • スクラビングバブル 強力バスクリーナー
  • お風呂専用のティンクル

メジャーなものでは上記の3点です。サンポールは50年以上続いるトイレ洗いには欠かせない洗浄剤です。尿石もアルカリ汚れの代表です。

酸性洗浄剤がちょっと怖いとお思いの方は「お酢」や「クエン酸」が酸性なので有効です。お酢は掃除後に独特のにおいが残るのでクエン酸がお勧めです。

クエン酸の使い方

水(約200ml)に、クエン酸小さじ1杯(約5g)を混ぜるだけでクエン酸水ができあがるので、キッチンペーパーをかぶせて、その上からしっとり湿るまでスプレーを全体に吹きかけ、パックします。

さらにラップをかぶせると、水分が飛びにくくなってクエン酸がよく浸透します。(裏ワザです。)

まとめ

いかがでしたか、掃除の専門業者にクリーニングを依頼する前に試してみることをお勧めします。

汚れを落とすにはその汚れの種類を酸性汚れか、アルカリ汚れかを知っておくことで浴室の頑固な汚れも業者に依頼する必要がなくなります。

何事のコストダウンも知識と知恵ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です